tortoiseshell's diary

アクセスカウンタ

zoom RSS あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス 飛翔館

<<   作成日時 : 2013/02/18 15:39   >>

トラックバック 1 / コメント 0

引き続き、あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングスの記事です。

私達が宿泊する部屋は、飛翔館でした。
飛翔館は、以前は別のホテルだったと思います。

チェックイン後に仲居さんが、お部屋までご案内してくれます。
部屋に向かう途中で、見どころやイベントなどを説明して頂けます。

部屋に荷物を置き、一息ついた所で、館内散策に出かけました。

こちらは飛翔館1階フロント前のロビーギャラリー「イランカラプテ」
画像

「イランカラプテ」とは「ようこそ・こんにちは」の意で、直訳すると「あなたの心にそっとふれさせてください」なのだとか。

こちらのギャラリーでは、アイヌ伝統彫刻の第一人者である、藤戸竹喜氏の彫刻が展示されています。
画像


飛翔館のロビーにもウェルカムドリンクがあります。
画像

ハーブがブレンドされたグリーンティーでした。
あまりハーブが得意ではない夫には、苦手な味だったようです。

ウェルカムドリンクの隣には、アイヌ模様のスタンプコーナーもあります。
画像


飛翔館のロビーから鶴雅館へ向かう通路は、アイヌギャラリー「コタン」があります。
画像

アイヌ模様の入った民族衣装や生活用具などが展示されています。
画像

その向かいには、PCコーナーとスモークルーム「タンパク」があります。


こちらは飛翔館1階のゲストラウンジ「アペソ」です。
画像

「アペソ」とは、火を意味するそうです。

奥の阿寒湖側には、ビーズクッションも置かれています。
持ち手が鹿の角になっている金串にマシュマロを刺し、暖炉の火で焼きマシュマロを無料で堪能出来ます。
画像

バーも併設されていますが、有料のドリンクをオーダーしなくても、宿泊者が利用出来るラウンジです。
暖炉の炎を眺めながら、まったり出来る雰囲気でした。
ここでは毎日22時から、ラウンジコンサートが開催されているようです。

エレベーターホールの椅子の背もたれも鹿の角でした。
画像


次回は食事編です。


あかん湖鶴雅リゾートスパ鶴雅ウィングス(旧遊久の里鶴雅)
楽天トラベル
2012年6月9日リニューアルOPEN!伝統と進化が融合した、郷土力あふれる新リゾートスパ


楽天市場 by あかん湖鶴雅リゾートスパ鶴雅ウィングス(旧遊久の里鶴雅) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


宿・ホテル予約ならじゃらんnet

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★記事一覧 北海道のドライブ&グルメ 道東編
★阿寒湖町 あかん遊久の里 鶴雅と じゃがいも冷製スープ あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス 鶴雅館 あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス 飛翔館 ...続きを見る
tortoiseshell's diar...
2013/02/18 15:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス 飛翔館 tortoiseshell's diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる