tortoiseshell's diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めての全身麻酔

<<   作成日時 : 2010/02/08 17:45   >>

トラックバック 1 / コメント 20

先日、初めて全身麻酔下で処置を受けました。
・・・と言っても大掛かりな手術という訳ではなく、ホンの数十分で終わる処置でした。

かれこれ1年程治療を続けていたものの思うような結果に繋がらず、今回の治療に踏み切った訳で、この治療を受けると決めた時から、今回の処置は避けては通れないものでした。

これまで大病の経験も無く、基本的に病院が大嫌いで小心者の私にとっては一大イベントでした。
それ程リスクがあるわけでも無いし、大した事ない!と頭ではわかっていても、数日前から不安と緊張に襲われました。

普通に過ごしているつもりでも、買い物した物をスーパーに袋ごと忘れて来たり、サラダにドレッシングと間違えて、ヨーグルトソースをかけてしまったり(マズかった(+_+))、心ここにあらず状態だったようです(^^ゞ

ここから先、その時の様子を綴りますので、苦手な方は閉じて下さいm(__)m

                            

処置と言っても手術室で行わる為、点滴をしながら徒歩で手術室へ向かいました。

手術台に横になって、血圧計や心電図、酸素飽和度測定器を付け、医師の到着を待ちます。
まな板の上に生きたままのせられたお魚の気分(!?)です^_^;
(大袈裟!?)

麻酔薬を入れたら、1.2.3・・・と数を数えるように説明を受けました。
経験のある友人達が、3まで数えたとか7まで覚えているなどと言っていたのを思い出しました。

医師が到着し、前処置をした後、医師の指示で点滴のルートから麻酔薬が入りました。
点滴とは違う感触が静脈に伝わり、全て入り終わった直後、視界が霞んでそれからの記憶がありません。

                            

目が覚めると回復室のベッドの上でした。
ナースが点滴を外しに来たので、数を数えたのを全然覚えていない・・・と話すと、どうやら3までは数えていたそうです。
見事な位、覚えていません^_^;

付き添ってくれていた夫によると、処置が終わってストレッチャーで運ばれ、ベッドに移動する時にはナースの声かけに受け答えしていたそうです。
それも全然覚えていないけれど、ナースが夫に声かけをしていたのは、うっすら覚えていました。

その後途中で一度目が覚め、夫にモニターのスイッチが入っている?など、おかしな事を質問していたそうです。
(何となく覚えている^^;)
夫はいつもの寝ぼけている時と同じだ・・・と思ったそうですが(^^ゞ

結局麻酔をかけてから3時間程で帰宅出来ました。

私の場合、処置中の痛みや不安はもちろん、覚醒後の不快症状も無かったので、短時間で覚醒出来る麻酔の有り難さを実感した一日でした。
帰宅後も未だ眠かったので再び眠りましたが・・・

出来れば避けて通りたい事でしたが、誰しもが経験する事ではないので、良い経験が出来たと思う事にします。
(プラス思考で・・・^^;)

これが良い結果に繋がれば良いですが、未だ何とも言えません。
出来ればこれが最初で最後になって欲しいと、切に願うばかりです・・・
(経済的にもキツイですし・・・^^;)

やはり健康診断や定期検診以外では、病院のお世話にならずに済むのが、一番の理想ですね(*^_^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サイトマップ 雑貨&ガーデニング他
{%フォーク&ナイフ(カシャン)hdeco%}キッチン用品{%フォーク&ナイフ(カシャン)hdeco%} ...続きを見る
tortoiseshell's diar...
2010/08/08 15:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした。
大変な経験をされましたね。
ゆっくり体を休ませてくださいね。
ひろりん
2010/02/08 17:59
こんばんは。

実は私も数年前に全身麻酔を初体験しました。
不思議ですよね、あの感覚。
私の場合、冷たい麻酔液が左の腕からすうっと入って、
すぐ心臓にも回ったのがわかって、数秒後には
頭がヒヤッとしたなと思ったらもう意識がありませんでした。
私は30分くらいの麻酔だったので、手術台の上で
目が覚めた感じです^^;
自分でベッドにフラフラと歩いて移動しました^^

「わっ!手術台の上で居眠りしちゃった(@ロ@)!!
これから手術かーやだなぁ」
なんて思っていたら実は終わってたんです。

お大事にしてくださいね^^
lune
2010/02/08 21:25
全身は経験がありません。
心の準備が必要になることですよね。
その後の症状もなくて、何よりでしたね。
とはいえ、まだ日も経っていないようですので、
お大事になさってくださいね。
らいむ
2010/02/08 22:31
ひろりんさん
ありがとうございます♪
終わってしまうとあっと言う間でしたが、さすがに当日は疲れました^_^;
昨日から普段通りの生活になりました(^^♪
tortoiseshell
2010/02/09 08:52
luneさん
ありがとうございます♪

本当に不思議な感覚ですよね・・・
薬が回っている感じも・・・

確かに手術室で目覚めたら、これからかぁ・・・って思ってしまいますね^_^;

ご自分で歩いてベッドに戻ったんですね(@_@)
直後なので、余計フラフラしそうですね・・・

私は休んでいる途中でトイレへ行ったのですが、やはりフラフラでした^_^;
歩けなかったらベッド上で・・・という事だったので、必死に歩きました(^^ゞ
tortoiseshell
2010/02/09 09:13
らいむさん
ありがとうございます♪
何とか気持ちをそちらに向ける事が出来ました。
不快症状がなくて、本当に助かりました。
昨日は調子に乗ってアレコレしてしまったので、今日はゆっくりします(^^ゞ
tortoiseshell
2010/02/09 09:39
数十分で終わる処置とはいえ、全身麻酔は怖かったでしょうね。
お疲れ様でした。
こうゆう体験も、のちに健康な体になるため!と思えば大丈夫!
全身麻酔…私がやったらきっとイビキをかいて寝てるかもしれません…
あつこ☆
2010/02/09 20:19
あつこ☆さん
ありがとうございます♪
数日前から夫ばかりではなく、医師やナースにもあれこれ不安を訴えてしまいました(^^ゞ
イビキは仕方が無いですよね(^^)
tortoiseshell
2010/02/10 08:02
全身麻酔私はもう15年ぐらい前に大手術をして
その時にしました。
私はガンの手術だった
生きるか死ぬかの・・・
今こうして生きているので良い経験でした。
でももうこんな経験はしたくはないですけどね(^^ゞ
はるちゃん
2010/02/10 09:45
大変でしたね。大過ないようで何よりです。

辛い思い出や苦しい思い出は、経験しないと人の苦境を理解してあげるのが難しいですよね。

決して「よい経験」ではないと思いますが、意味のある経験だったのではないかと思います。

私も病院は苦手です!
ロッキー
2010/02/10 10:31
はるちゃんさん
生死が関わる大手術とは、とても大変でしたね・・・
どんなに辛くても、生きる為に治療を受けなければならない状況は、計り知れません・・・
無事で本当に良かったですね!!
tortoiseshell
2010/02/10 15:32
ロッキーさん
頭で理解しようとしても、実際に経験しないと本当にわからない事もあると実感しました。
おっしゃる通り、今回は大変意味のある経験でした。
これを経験しなければ、原因不明のままだったので、原因がわかっただけでも有意義であったと思います。

でも何回行っても、やはり病院嫌いは変わりません(^^ゞ
tortoiseshell
2010/02/10 15:41
“全身麻酔”の4文字を目にした瞬間
えーっ!なにーっ!!どうしたのー!!!とビックリ。
手術と言われただけでもビビッた記憶がある私だけに
我ここに在らずの心境お察しいたします。
意識のないままどうなるか分からない状態になるって…
本当に不安ですよね。
どうぞゆっくりと静養して元気を取り戻してくださいね
ミュウ
2010/02/11 12:16
いやはや
本当に大変でしたね。
そんなことになられているとは知らずに今晩訪問させて頂き、驚いています。
僕は入院の経験しかないので、麻酔や手術などと聞くと、もうそれだけで・・・
とにかくお大事に。
g-sun
2010/02/11 20:04
こんばんは。

良い方向に進みますよう、祈ってます。
(全身麻酔、私は流産の処置で経験しました。)
寒さもまだまだ厳しい日が続きますので
お体大切になさってくださいね。

らいあ
2010/02/11 23:00
ミュウさん
手術って響き、本当に嫌ですよね!!
昔、局所麻酔で、ちょっと切るだけの手術だから大丈夫です(^^)
・・・と言われた時でさえも、相当ビビりました^_^;
結局、切らずに治ったから良かったですが(*^_^*)

そうですね!あまり先の事を考えず、ゆっくりする事にします(^^♪
tortoiseshell
2010/02/12 08:31
g-sunさん
事前にお話しすると、不安を訴えるばかりになってしまいそうだったので、事後報告とさせて頂きました(^^ゞ

入院も大変ですよね!
元気で入院するなら良いんですが・・・
(そんな事は、ありえませんね(^^ゞ)
私は点滴だけで、重病人になった気分になってしまう位なので、本当に今回はストレスを感じる一日でした。
そんな私に、付き合う夫も大変だったと思います^_^;
tortoiseshell
2010/02/12 08:59
らいあさん
流産の処置は、不安ばかりではなく深い悲しみも伴うので、本当にお辛い経験ですよね・・・
一歩ずつ着実に前へ向かっているのですが、やはりどうなるかわからない事なので、不安は付きまといます。
いつか良い報告が出来る日が来ると良いな・・・と思っています。
tortoiseshell
2010/02/12 09:06
今日初めてブログを読みました。
大変だったんですね。
私も体が弱く、若い頃からいろんな病気と出会いました。
今も、胃腸科へ通っています。
春は花粉症でだるいし。
夏は低血圧症でしんどい。
秋、冬は食欲モリモリで太った。
健康は一番いいですよね。
前向きですよ。

ゆきぴぃ
2010/03/02 11:44
ゆきぴぃさん
お越し頂き、ありがとうございます(^^♪
大病の経験は無いですが、私も子供の頃から体が弱かったです。
本当に健康が一番ですよね!!
健康になるべく努力はしていますが、こればかりはなかなか思うようにならない事もあり、一喜一憂しています(^^ゞ
これから花粉症の時期に突入ですね。お大事にして下さい☆
tortoiseshell
2010/03/02 13:38
初めての全身麻酔 tortoiseshell's diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる